Protect My Privacy(デバイスID,位置情報に加えデバイス名も偽装可能になったJBアプリ)

遅ればせながらiOS7.1.1のiPhone4Sを脱獄…しようと思ったらすでに7.1.2に対応していた。放っておいた理由は「Protect My Privacy(PMP) 」というJBアプリの対応を待っていたため。対応していたことに気付いていなかっただけかもしれません。

https://lh6.googleusercontent.com/-K4CqkUzsjTY/U8v9CZ-9uEI/AAAAAAAAKW8/iXC4-KkBwMc/s800/IMG_3015.PNG

PMPについてはこちらのサイトでインストール方法、設定項目、設定方法に至まで詳しく紹介されています。

[JBApp] | Tools 4 Hack] Protect My Privacy - 連絡先・位置情報など情報・機能の使用を禁止&偽装する

1)アプリから

・デバイスIDや連絡先といった個人情報へのアクセス

・ネットワークの使用

を禁止

2)アプリに対し

・デバイスIDや位置情報を偽装

といったありがたい機能があります。

夫はFirewall IP(現在はFirewall IP7)という、その名の通りのJBアプリを使い続けています。いらちな私は、新しいネットワークにアクセスする都度ポップアップする設定画面が煩わしく、その簡易的代替えとしてもPMPを愛用していました。神経質な癖に面倒臭がりなもので。

バイスIDや位置情報の偽装機能は、もうこれがないと不安でたまらないぐらい必須になっています。PMPの最新のバージョンは 3.2.5 で、デバイス名も偽装できるようになっていました。いつからなんだろう?

PMPが扱う情報

https://lh6.googleusercontent.com/-GAYage_vaAA/U8v9DvUoFoI/AAAAAAAAKXE/_sWvR0J6fmk/s400/IMG_3014.PNG


そういえば、個人情報へのアクセス制御は Android では登場当時から備わっていたのに何故iPhoneには無いんだろうと不満に思った記憶があります…あ、これだ。もう2年も前になるんですね。

iPhoneの「連絡先」を守るには…AdiOS再び - ろばの穴・別館