アンインストーラ

最近まで Windows を使っていて Mac に移行した人が戸惑うことの一つに、アプリケーションの削除があるんじゃないでしょうか。システム標準ではこの機能は用意されていないようで、専用のツールがあります。

FreeMacSoft さんの

AppCleaner

こちらが有名ですが、もう一つ普段から心がけておくと便利な方法があります。


アプリケーションインストーラのパッケージには、アプリケーション本体やマニュアル、ライセンス文書などと一緒に、アンインストーラも同梱されていることがあります。たいがいスクリプトファイルです。これを以下のようにアンインストーラフォルダを準備し、そこに必ずコピーしています。


アプリケーションパッケージの中身の置き場所に困ること多いですが、もう一つマニュアルフォルダも作っておくといいかもしれません。本当はアプリケーションフォルダの中のファイル数はあまり増やさないほうがよいらしい(動作が遅くなるなどの原因になる)ので、アプリケーションフォルダの外に作っておくほうがいいかもしれません。アプリケーション名ごとにサブフォルダを作って、アプリケーション本体以外の必要になりそうな同梱ファイルをまとめて置いておくのもありだと思います。

アプリケーションを消去したら、アンインストーラフォルダを見て、あればこれを使い、なければ上に紹介したツールを使えばよいと思います。